岡山県障害者フライングディスク協会
について

協会設立趣意

 障害者スポーツは,健全な心身の発達・健康の維持増進・社会参加と自立を促進するうえで大きな役割を担っている。
 中でもフライングディスク競技は,その安全性の高さから,障害者スポーツとして適しているとされ,愛好者も年々増加の一途をたどり,平成4年開催の第1回ゆうあいピック東京大会から正式種目となり,今日に至っている。
 平成13年度からは,これまでの「全国身体障害者スポーツ大会」と「全国知的障害者スポーツ大会−ゆうあいピック全国大会−」が統合され,「全国障害者スポーツ大会」として実施されることとなり,フライングディスク競技にも新たに身体障害者の参加が認められるところとなった。
 本県においても,平成17年度には「第5回全国障害者スポーツ大会」が開催される予定であり,今後,障尊者フライングディスク競技の普及・振興を図るとともに,選手の育成や指導者の養成を図っていく必要がある。
 このため,障害者フライングディスク競技を統括する団体として,岡山県障害者フライングディスク協会を設立するものである。

平成13年2月10日

協会会則

 H22年当協会が表彰されました。